あなたのその作品(小説、etc)無料で出すのは「ちょっと待った!」是非うちのサイトであなたの決めた金額で販売してみませんか?
オリストは『あなたの創造を伝えるチカラになりたい』 オリストはオリジナル作品を専門とするオンラインショップです。

半七捕物帳 朝顔屋敷 11

  • 電子書籍小説『半七捕物帳 朝顔屋敷』岡本 綺堂の表紙

    無料立ち読みYahooでの購入はこちら

    DLmarketでの購入はこちら

  • 作者名
    岡本 綺堂
    価格
    108円(税込)
    あらすじ
    シリーズ第11話「朝顔屋敷」
    旗本の杉野大之進の息子、大三郎が、学問の試験を受けに行く途中、忽然と姿を消した。朝顔の花が咲くと必ず家に凶事があるので、杉野の屋敷は「朝顔屋敷」と呼ばれていた。大三郎のお供をしていた中小姓の平助と中間の又蔵が怪しいと睨む半七であったが。朝顔の祟りの祟りと子ゆえの闇を描く話。
    作者からの一言
    『岡本 綺堂』の小説『半七捕物帳 朝顔屋敷』を携帯に便利な「ポケット版」として電子書籍化しました。
    電子書籍小説を幅広い年代の多くの方に読んでほしいと願っています。

《購入者様へ》

■無料作品(0円と表示してあるもの)の場合は本サイトからダウンロード、もしくはDLmarketのサイトから無料でご購入いただけます。

■購入コンテンツは以下のアプリなどでお楽しみ下さい。

「Kindle」「Kinoppy」「Perfect Viewer」

作者のおすすめ