あなたのその作品(小説、etc)無料で出すのは「ちょっと待った!」是非うちのサイトであなたの決めた金額で販売してみませんか?
オリストは『あなたの創造を伝えるチカラになりたい』 オリストはオリジナル作品を専門とするオンラインショップです。

「和菓子のアン」

僕自身本読むのが好きなので電子書籍で小説を読んだり、 電子書籍でおすすめのマンガを読んだりといろいろな媒体で本を読んでいます。
最近はもっぱら電子書籍での読書です。
電子書籍なら自分のスマホでも簡単に読めるしアマゾンのKindleなんかは電子書籍なのに 紙の本を読んでいるように目に優しく本当に良いです。
最近は移動時間中にKindleでの読書が楽しい時間です。

 

 

では今回のオリスト代表の鈴木が読んだおすすめ作品を紹介していきます。
この本読むと和菓子が食べたくなるんですよね。

 

小説「和菓子のアン」坂木 司

 

 

僕は甘党なので和菓子も大好きでぜんざいとか良く作って食べてます。
人によってはあんこが苦手な方もいますが、和菓子おいしいですよ。
おっと話しがそれてしまいました!!食べ物の話ならかなり話せますww
この小説を読んで僕の最初の疑問は上生菓子って何?そこでした。
和菓子っておはぎ、だんご、大福のイメージしかないんですが、
上生菓子しってそういう物なんだと和菓子の知識も身に付きます。
この本を読んでデパ地下の和菓子売り場を見ると少し見方が変わってきました。 和菓子とお茶とこの小説で午後の日本茶タイムはどうですか?