あなたのその作品(小説、etc)無料で出すのは「ちょっと待った!」是非うちのサイトであなたの決めた金額で販売してみませんか?
オリストは『あなたの創造を伝えるチカラになりたい』 オリストはオリジナル作品を専門とするオンラインショップです。

「オリジナル小説、書籍化計画 ⑥」

こんにちは3度の飯よりも本の事を考えてる、あなたの為の

オリジナル電子書籍販売サイトのオリスト代表鈴木で

 

最近はKindleがあれば何冊も本を持ち歩かなくって良いので

移動時間など時間があればKindleで電子書籍を読んでます。

 

オリジナル小説を電子書籍として出してる人も増えて面白い本が
ゴロゴロしてて移動時間の読書が楽しいです。
 オリストでもオリジナルの電子書籍が読めますよ。

 

 

 

 

さて前回で2人の書籍が完成するまでの話を書きました。

 

電子書籍とは違い手に取り読む書籍にするための大変さをいろいろと

知ることができたわけです。

 

今回はコミティア参加登録とコミティアから参加拒否の通告を受けるまで

書きたいと思います。

 

これを見てコミティアに参加する人の参考になればと思います。

 

時は戻り8月

書籍化計画の話が出てきたときに戻ります。

 

夏コミが終わってからそんなに日が経ってなかったので

冬コミに参加するかと意気込み参加登録の手続きをするかとサイトをみると

サークル参加申し込み締切り日が8/21

その時の日付が8/22・・・

 

 

冬コミの締切早い!!

 

 

こんなに締切早いなんて知らなかったです。

 

普段買い手で参加してるイベントですが売り手にならないと見ない部分ですがここまで早いとは思わなかった。

 

まずいこれでは書籍化しても販売できる場所が来年になると思い

慌てていろいろな販売会の情報を集めました!

 

そこで締切がギリギリだけどまだ大丈夫なコミティアを見つけて

コミティア参加に向けて動き出しました。

 

ネット申込と郵送での申込で締切の日付が違いネットの方が締切まで

郵送よりも長めになってます。

 

そのネット申込に必要な物がこちらです

①申込用紙

②PRカット 

③参加費

 

 

簡単に揃えることが出来るものなので参加したいと思う人は

簡単に参加できます。

 

私の場合は簡単じゃなかったんですが・・・その話は後半で。

 

締切りが結構早いので参加したいと思う人はサイトをチェックしてください。

ちなみに2018年2月11日(祝/日)の参加申込はもう締切られてます。

 

 

 

それでは話は戻り9月

 

申込ギリギリだったコミティアに無事に参加申込を終えて

申込完了の報告も届いたのでこれでコミティア参加に向けて

書籍作りを始められます。

 

参加するか迷ってる人は参加で申込んで参加せざる終えない状況にするのもありですね。

私もそれに近かったです。

 

コミティア申込から本格的に書籍化を進めていく動きを始め

作者の方にもコミティアで売り子の手伝いお願いしますと話したり

着々と準備を始めていきました。

 

そんな時、コミティアの運営の方から遅い時間に電話が入りました。

 

この電話が販売会初参加の私達の参加を拒否するものだとは

思いもしなかったです。

 

拒否された内容を簡単にご説明すると

オリストはサイト内で電子書籍を販売しています。

 

オリジナル電子書籍『鴉は猫に恋するか』仲野 識の表紙
オリジナル電子書籍『鴉は猫に恋するか』仲野 識の表紙
オリジナル電子書籍『罪なき罪』五島 夏樹の表紙
オリジナル電子書籍『罪なき罪』五島 夏樹の表紙

 

この販売をしていることが企業として認識したとのことです。

 

販売をしていれば=企業

この認識にハッキリ言って納得できなっかてです。

 

なぜなら他にもサイト内で販売をしているサークルはあるからです。

 

それなのになぜオリストは参加を拒否されたのか

コミティア運営の頭の悪さに開いた口が塞がらないです。

 

そして運営より言われたのが

「企業ブースで出展してください!

ただ企業ブースの受付終了してますが! ぷっ」

 

この対応に怒り心頭の私は長い時間担当の方と話しましたが

一方的に電話を切られ終わりました。

 

表現の自由をうたいながら新しい人を門前払い

実態はこんな感じなんだと思い非常に悲しかったです。

その後の私は今回書籍化に協力いただいた2人の作者の方に

コミティアに参加できなっかた事を説明しお詫びしました。

 

その2人もコミティアの対応をお話しすると同じように憤りを感じる

と言ってくれて私1人ではないんだなっと少し救われました。

 

いまでは時間も経ちいい経験だったなと思えるようになりましたが

対応の悪さには本当にビックリしました。

 

もしこれからコミティアに参加しようと思ってるサークルの方は

少し注意してください。

販売やってるけどあの対応はないわ!!

 

次回は書籍作成のまとめとコミティア参加のまとめです。

 

本づくりはトライアンドエラーの連続です。