あなたのその作品(小説、etc)無料で出すのは「ちょっと待った!」是非うちのサイトであなたの決めた金額で販売してみませんか?
オリストは『あなたの創造を伝えるチカラになりたい』 オリストはオリジナル作品を専門とするオンラインショップです。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」

僕自身本読むのが好きなので電子書籍で小説を読んだり、 電子書籍でおすすめのマンガを読んだりといろいろな媒体で本を読んでいます。
最近はもっぱら電子書籍での読書です。
電子書籍なら自分のスマホでも簡単に読めるしアマゾンのKindleは電子書籍なのに 紙の本を読んでいるように目に優しく本当に良いです。
最近は移動時間中にKindleでの読書が楽しい時間です。

 

 

はじめの一歩やスラムダンクのように僕は少しずつ人が成長していく話しが

好きなんだと思う。
今回紹介の本も主人公が少しずつレベルアップして成長していく姿とレベルアップして強敵を倒していく姿がかっこよくテンションが上がる。

 

 

 

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」
大森 藤ノ

 

 

ダンジョンで危険な所を救われた主人子のベルが、彼を救ったアイズ・ヴァレンシュタインに惹かれるところから最初の話しが始まる。

その後はアイズ・ヴァレンシュタインと一緒にダンジョンに潜って距離を縮めていくのかと思っていたのですが、ベルが恋した相手は剣姫と呼ばれる超有名人で強さも半端ない。

そんな相手と釣り合うわけもないとベルは強くなろうと決意を固める。

小説も読みやすくベルの成長が非常に楽しみなおすすめの一冊です。