あなたのその作品(小説、etc)無料で出すのは「ちょっと待った!」是非うちのサイトであなたの決めた金額で販売してみませんか?
オリストは『あなたの創造を伝えるチカラになりたい』 オリストはオリジナル作品を専門とするオンラインショップです。

「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」

僕自身本読むのが好きなので電子書籍で小説を読んだり、 電子書籍でおすすめのマンガを読んだりといろいろな媒体で本を読んでいます。
最近はもっぱら電子書籍での読書です。
電子書籍なら自分のスマホでも簡単に読めるしアマゾンのKindleは電子書籍なのに 紙の本を読んでいるように目に優しく本当に良いです。
最近は移動時間中にKindleでの読書が楽しい時間です。

 

 

では今回のオリスト代表の鈴木が読んだおすすめ作品を紹介していきます。
2012年 第1作『るろうに剣心』
2014年 第2作『るろうに剣心 京都大火編』
2014年 第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』
の3作品で実写映画された原作本

 

漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」和月 伸宏

 

 

初めて「るろうに剣心」を読んだ僕の感想は字が多いなでした(笑)
ドラゴンボールを比べると文字は倍じゃないかと思われます。
でも歴史を語るうえで文字が多いのは仕方ないですよね。
そんな「るろうに剣心」で僕が一番好きな話は京都編 映画にもなっている話ですが、この京都編に出てくる 「弱肉強食」を信念に最大の悪役である志々雄真実、悪であるのにかっこいい!!
そして剣心の師匠である比古清十郎もかっこいい!!
比古清十郎vs不二の話は鳥肌が立ちます。
特にこの台詞 「いいぜ 小僧 よく吠えたこの勝負 最後まで俺のバカ弟子を信じ抜いたお前の勝ちだ」 の登場シーンはかっこよすぎ!!
京都編は登場人物が非常に魅力的ですので是非読んでもらいたいです。
文庫版も出てますからますます手に取りやすくなってます。